e-Tax(確定申告書)への書き出し方法を知りたい。

[所得税確定申告書]ウィンドウから、e-Tax用ファイル(拡張子が「.xtx」のファイル)を書き出します。

書き出したe-Tax用ファイルは、e-Taxソフトで取り込んで利用することができます。

 

本製品で作成した以下の帳票の内容をe-Tax用ファイルとして書き出すことができます。

  • 青色申告決算書(一般用・不動産所得用・農業所得用)
  • 収支内訳書(一般用・不動産所得用・農業所得用)
  • 所得税確定申告書B(第一表・第二表)
  • 所得税確定申告書(第三表・第四表・第四表付表)
  • 損益の通算の計算書
  • 所得の内訳書
  • 医療費の明細書
  • セルフメディケーション税制の明細書
  • (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
1. ナビゲーションバーの分類[決算]から、[確定申告書の作成]ボタンをクリックします。
ナビメニュー
令和3年分の[所得税確定申告書]ウィンドウを表示しようとするとメッセージが表示される場合は、Ver.17.1.1以降にアップデートしてください。
2. [所得税確定申告書]ウィンドウが表示されるので、コマンドバーの[e-Taxへ書出]ボタンをクリックします。
マイナンバーを入力していない方がいる場合は、確認ダイアログが表示されます。
そのまま出力を進める場合は[はい]ボタンをクリックし、マイナンバーはe-Tax側で設定してください。
3. [e-Taxへ書き出し]ダイアログが表示されるので、[所轄の税務署]から[都道府県][税務署名]を選択します。
4. 利用者識別番号を入力します。
e-Taxへ書き出し画面
5. e-Taxへ書き出す出力帳票にチェックを付けます。
6. 必要に応じて[変更]ボタンをクリックし、書き出すファイルの保存場所と名前を指定します。
7. [OK]ボタンをクリックします。
指定した場所にファイルが保存されます。
8. [閉じる]ボタンをクリックします。
[フォルダを開く]ボタンをクリックした場合は、ファイルが保存されたフォルダーが表示されます。

税理士が代理送信する場合は、書き出す前にコマンドバーの[各種設定]から[事業所/税務署関連の設定]をクリックし、[依頼税理士]ボタンをクリックして税理士の利用者識別番号を設定してください。