消費税申告書の「課税標準額」が売上高の金額と一致しない。

消費税申告書の「課税標準額」には、税区分「課売上」(課税売上)を使用した仕訳を集計し、1000円未満を切り捨てた金額が印刷されるため完全一致しない場合があります。

また加えて、売上高以外の勘定科目の仕訳でも税区分「課売上」を使用している可能性もあります。

その場合は[税区分集計表]ウィンドウで「課売上」の税区分を使用した仕訳の金額を勘定科目ごとに確認します。

 

以下の手順で、売上高以外の勘定科目で使用している税区分「課売上」を変更します。

1. ナビゲーションバーの分類[集計]から、[税区分集計表]ボタンをクリックします。
ナビメニュー
2. [税区分集計表]ウィンドウが表示されるので、[期間]で期首月から[決算]まで選択されていることを確認します。
年度のボタンをクリックすると、期首月から[決算]まで選択されます。
税区分集計表画面
3. [集計]ボタンをクリックします。
税区分集計表画面
4. [売上]タブをクリックし、売上高以外(課税売上の対象から外したい勘定科目)の課税売上金額をダブルクリックします。
税区分集計表画面
5. [総勘定元帳]ウィンドウが表示されるので、税区分が課税売上になっている仕訳をダブルクリックして「対象外」に変更します。
総勘定元帳画面
6. [税区分集計表]ウィンドウに戻ります。
7. 再度[集計]ボタンをクリックして、上記の勘定科目が表示されないことを確認します。